ソーシャルグッドなチョコレート

エコ×ソーシャルグッド

来週からお店で新プロジェクトがスタートします。

その名も『ソーシャルグッズ』

 

全国各地の社会性のあるプロダクトを

プラナシスタ店内のポップアップ棚で紹介するプロジェクトで、

 

その商品が生まれた理由を知ることで、

生産者の”想いごと”商品を購入してもらう試みです。

 

第1弾は、mamanoのチョコレート。

ソーシャルグッドなだけじゃなく、すっごい美味しいんです♪

 

mamanoとは?

東京・赤坂にあるアリバカカオ専門のチョコレート屋です。

video thumbnail

アリバカカオとは、エクアドルでのみ栽培可能なカカオの原種で、

全世界のカカオ生産量のわずか2%しか採れません。

 

一般的なカカオと違い「ファインアロマカカオ」に分類されており、

花のような香りをもつ、上質なカカオです。

(一般的なカカオはバルクカカオと呼ばれ、全生産量の95%を占めます)

 

mamanoは、日本で唯一アリバカカオを輸入。

しかも、チャクラ農法という

化学肥料を使わず様々な果実や作物とカカオを共生栽培する農法

で育てています。

自然にも農家さんにも負荷がかからないんです。

 

さらに、流通は生産者とのダイレクトトレード。

仲買人を挟まないため、中間搾取がなく、農家さんの生活の改善につながっています。

 

最高のチョコレート体験を

mamanoは文句なくソーシャルグッド。

ただ、僕らがこのプロジェクトの第1弾にmamanoを選んだのは

圧倒的に美味しいからなんです。

 

フルーツやコーヒーと一緒で、原料のクオリティは最終的な味に直結します。

アリバカカオにしか出せない、香り高い風味は、他のチョコレートとは別格。

 

僕が初めてmamanoのチョコを食べた時、

「あぁ、カカオってフルーツなんだ…」と思いましたもんね。

それほどに香り高くて爽やかで味わい深い!!

 

それに、ファインアロマカカオはバルクカカオと比べ発酵に2倍以上の時間をかけます。

ワインっぽい余韻漂うフルーティーさがあるのはそのため。

 

僕の場合、mamanoのチョコを食べて以来、

その辺で売ってるチョコを受け付けなくなっちゃいました(汗)

 

それほどに美味しい!!

 

ちなみに、mamanoは赤坂見附の店舗以外では、

たまに催事に出るぐらいで卸販売はしていません。

札幌で買えるのは今回だけかも。

 

1月11日(月祝)から、店頭にて試食をご用意します。

注文するしないは別として、試食だけでも大歓迎です♪

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


プロフィール

このサイトを運営している あらや のぶとし です。

早稲田大学在学中に、カナダ、メキシコでの「環境留学プログラム」を修了。
卒業後、HONDAでバイヤー、ムソーで営業を担当した後、フリーランスを経験し、2017年に地元・札幌へUターン。
北海道初のノンプラスチック専門エコストア・プラナシスタを立ち上げる。

現在は、「地球ごとを、自分ごとに」を合言葉に、”エコ”を仕事にしたい人のサポート、エコストア開業プロデュース、エコブランドのプロモーション等を請け負っている。

趣味はカレー屋巡り。
特技は健康商材の目利き。
二次の父。

TOP