時計を買って、木を植える。

エコ×衣食住

昨年、数年ぶりに時計を買いました。

元々時計をせずに過ごすことが多い僕ですが…

時計業界にもサステナブル・エシカルの波が来ていて嬉しくなりました。

今日はそんなお話です。

WE WOODが面白い

実を言うと、

時計って、自分で買ったことがありませんでした。

 

人からもらった時計を、長く使うタイプなもので…

(そもそもあまりこだわりがないんです。。)

 

とは言え、WEBメディアの撮影が入ることになり

せっかくだから1本ぐらいお気に入りを買おう!と決意。

 

色々調べた結果…

WE WOODというブランドの時計を選びました。

↑↑↑

これがまさにWE WOOD。

プラナシスタっぽいブルーな色合いがカッコいいですよね!!

 

見た目が気に入ったのはもちろん、

このブランドにはつい自慢したくなる個性があるんです。

 

①天然の木でできている

WE WOODの時計には、天然の木が使われています。

写真の製品の場合は、バンド部分が木。

しかも、家具やフローリングを造る時に出た端材を使っています。

 

本来捨てられる運命にあった天然資源を

ファッションの一部へ循環させているんです。

↑↑↑

こんな「ほぼ木な製品」もあります。

 

他にはない個性なので、

ついつい自慢したくなりますよね!!

 

②1本時計を購入すると、1本木が植えられる

もう1つ面白い特徴があります。

WE WOODの時計が1本購入されるごとに、

木が1本植えられます。

 

実績はすでに60万本以上。

野生生物の生息地を守り、

地球温暖化を遅らせることに貢献しています。

 

自慢したくなるサステナブルの形。

今回、WE WOODの時計を身に付けて思ったのは

パッと自慢できて最高!!ってこと。

 

「俺、植林したんだぜ~!!」と言いつつ

腕時計をチラリ。

 

言われた相手は、

「えっ?どういうこと?」って興味を持ちますよね。

 

この流れ

ECOなこと

サステナブルなことに目を向けてもらう第1歩として理想だと思うんです。

 

自慢したくなるサステナブルを身につけ

ことあるごとにシェアしまくる。

 

ゲリラ的活動が、いつでもどこでもできるのですから!!

 

今回は時計×森林保護というブランドを紹介しましたが…

 

他にも

バッグ×途上国支援=マザーハウス

時計×教育支援=AUGUST BERG

ジュエリー×エシカル=HASUNA

 

等々、切り口は色々。

自分の個性・感性に合ったアイテムを身に付け、

サステナブルゲリラ、やっちゃいましょう。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


プロフィール

このサイトを運営している あらや のぶとし です。

早稲田大学在学中に、カナダ、メキシコでの「環境留学プログラム」を修了。
卒業後、HONDAでバイヤー、ムソーで営業を担当した後、フリーランスを経験し、2017年に地元・札幌へUターン。
北海道初のノンプラスチック専門エコストア・プラナシスタを立ち上げる。

現在は、「地球ごとを、自分ごとに」を合言葉に、”エコ”を仕事にしたい人のサポート、エコストア開業プロデュース、エコブランドのプロモーション等を請け負っている。

趣味はカレー屋巡り。
特技は健康商材の目利き。
二次の父。

TOP