コーヒーを飲むと胃が痛くなるのはなぜ?

健康プチレッスン

今回は、

コーヒーを飲むと胃が痛くなる理由についてお話します。

 

冬場、深煎りのコーヒーに出くわす機会が増えませんか?

寒いとどっしりしたコーヒーが飲みたくなるのでしょうか。

 

そんな深煎りコーヒーを飲むと胃にズシんと響く

みたいなことってありませんか?

 

これ、実は深煎りだからではないんです

 

 

煎ると焦がすは別の行為

先日、プラナシスタで仕入れているコーヒーを取り扱う方にお会いしてきました。

大阪にあるガルテンビさんというコーヒー屋さんで

エチオピアのコーヒー農家さんからダイレクトトレードで

コーヒー豆を入れてきています。

 

そこで、マンカシャカシャという焙煎法を体験できました。

フライパンのような器具に豆を入れ

カシャカシャ振りながら直火で煎るんですが…

 

なかなか難しい!

均等に煎れず、焦がしてしまった豆も多かったです。。

 

煎りたての豆でコーヒーを淹れる前に、

焦げた豆を入念に取り除きます。

 

自分で煎ったコーヒーのお味は…

う~ん…

実にマズい!!笑

 

逆に、普段プラナシスタで提供しているコーヒーって

本当に美味しいんだなと思いました。

 

豆のクオリティが高いうえに、

煎り方が絶妙なんですね。

 

アルケミストさん、サルバドールさん、

いつもありがとうございます!!

 

 

焦げが胃にくる

ということで、

コーヒーを飲んで胃が痛くなるのは

煎り方が悪くて焦げが含まれているから

なんです。

 

実際、おいしいコーヒーは、たとえ深煎りでも胃に響きません。

焦がさず絶妙に煎ってあるからです。

 

コーヒーが悪い

深煎りが悪い

 

ということではなく、焦げが問題なんです。

 

これ、プロのコーヒー屋さんも言っています。

 

焦げた豆が一切入っていないコーヒーは

数杯飲んでも全く胃に響かないんだよ。

 

煎り方のクオリティが問題だったんです。

 

ということで、

深煎りが人気の季節でも

コーヒーをおっかなびっくり飲む必要はありません。

 

上手に煎られたコーヒーならOK!

安物のコーヒーはNG!

 

上手に選んで、胃にストレスのない

コーヒーライフを楽しみましょう♪

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


プロフィール

このサイトを運営している あらや のぶとし です。

早稲田大学在学中に、カナダ、メキシコでの「環境留学プログラム」を修了。
卒業後、HONDAでバイヤー、ムソーで営業を担当した後、フリーランスを経験し、2017年に地元・札幌へUターン。
北海道初のノンプラスチック専門エコストア・プラナシスタを立ち上げる。

現在は、「地球ごとを、自分ごとに」を合言葉に、”エコ”を仕事にしたい人のサポート、エコストア開業プロデュース、エコブランドのプロモーション等を請け負っている。

趣味はカレー屋巡り。
特技は健康商材の目利き。
二次の父。

TOP