外食するならカレーがほとんどな理由

カレー×温活

今回は、

外食するならカレーが多い理由についてお話します。

 

カレー縛りで飽きないの!?と

不思議がられることもありますが…

僕なりの理由があるんです。

 

外食なんだから、好きなモノを食べたら?

確かにその通りなんですが…

 

このスタイルに落ち着いてから

人生の自由度はむしろ上がりました。

 

選ぶってストレスだ

あなたの場合、外食するお店ってどのように選びますか?

 

・食べログ等のポータルサイトで探す

・Google Mapで近くの店を探す

・雑誌やTV等、メディアの情報から選ぶ

・知人の口コミから選ぶ

 

この辺りの選び方がメジャーでしょう。

実際、たくさんの情報から選ぶ作業って楽しいですよね。

ただ、あまりに情報が多くて、

選ぶこと自体がストレスだ

と感じることもあるはずです。

 

そこで、カレー縛りが威力を発揮します。

ジャンルが予め決まっていると、

情報を選び出す作業がとても楽。

 

特に、出張先で土地勘が無い時、

とにかくカレー屋を目指そう!

と決まっているだけで、情報の波に溺れずに済みます。

 

僕は常々、自由と責任は表裏一体だと考えています。

自由に選ぶって責任とストレスが伴う。

だからこそ、少しだけ条件を付けてあげることで、

選択の重みもストレスも軽くできるんです。

時短ですしね。

これが、カレー縛りの理由その1です。

 

カレーはベジに近い=少しはECO

もう1つの理由は、カレーがベジ対応しやすいからです。

 

僕は、四つ足の肉を好き好んで食べません。

(特に牛肉)

 

体質に合わないっていうのと、

肥育するのに環境負荷が高いからです。

 

この世から焼肉屋とハンバーガー屋がなくなれば

環境問題と食糧問題は一気に解決できる!

と考えているほどです。

 

一方、カレーはインド発祥の食べ物だけあって

ベジで美味しい仕様になっています。

 

作るとわかりますが、

スパイスと玉ねぎがあれば、美味しいカレーを作るのは簡単。

肉肉しい具材を入れなくて全く問題ありません。

 

ベジな素材だけで、満足度が高い料理に仕上がる。

カレーってECOな料理なんです。

 

ということで今日は、

僕が「外食するならカレー屋ばかり選ぶ理由」について

お話ししました。

 

あなたなりの外食ルールがあれば、

ぜひ教えてください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


プロフィール

このサイトを運営している あらや のぶとし です。

早稲田大学在学中に、カナダ、メキシコでの「環境留学プログラム」を修了。
卒業後、HONDAでバイヤー、ムソーで営業を担当した後、フリーランスを経験し、2017年に地元・札幌へUターン。
北海道初のノンプラスチック専門エコストア・プラナシスタを立ち上げる。

現在は、「地球ごとを、自分ごとに」を合言葉に、”エコ”を仕事にしたい人のサポート、エコストア開業プロデュース、エコブランドのプロモーション等を請け負っている。

趣味はカレー屋巡り。
特技は健康商材の目利き。
二次の父。

TOP